2016/5/22

シンセサイザー講座

基本的なシンセサーザーの使い方を理解するためにsynth1というフリーシンセを用いてシンセサイザー講座を行いました.

担当は,かすぴーとパン粉が行いました.

<概要>

§1.シンセサイザーの基本

§2.シンセサイザーのパラメータ

§3.シンセを用いた音作り

 

§1.シンセサイザーの基本

まず,シンセサイザーの音作りの基本を確認(-ω-)b

 

§2.シンセサイザーのパラメータ

次に,各パラメータを確認(。-`ω-)

 

オシレーター

まずは,オシレータ(Oscillators)で作りたい音に近い音を選び,基本の音とします.

 

Synth1には正弦波(Sin波),三角波(Tri波),ノコギリ波(Saw波),パルス波(Pulse波),ノイズ(Noise)の5つの波形が用意されており,これらを組み合わせて音を作ります.

 

これらの音がどんな音かは何度も聞いて慣れるしかありません…(´・ω・`)これからの音作りの基本となる音なので頑張って聞き慣れていってください!

 

フィルター

オシレータで作った音にフィルターというものを使うことにより,さらに作りたい音に近づけていきます.

 

種類としては高音を削り,音をこもらせるローパスフィルタ(LP),低音を削り、音を軽くするハイパスフィルタ(HP),高音,低音を削り、癖のある音にするバントパスフィルタ(BP)があります.カットオフ(Cutoff,Synth1ではfrq)で削る音の高さを決めます.レゾナンス(Resonance,Synth1ではres)を上げると,音を削り始める所を強調できます.

 

アンプ

これ自体は音量を調節するものです.多くの場合,音量に変化を持たせることを目的として,エンベロープ(Envelope)と一緒に用いられます.

 

LFO

正弦波,三角波,ノコギリ波,パルス波などの波形を他のパラメータにかけることで様々な効果が得られます.

 

すこし難しいかもしれないので例を考えてみましょう.例えば、LFOの正弦波を音の高さにかけると音の高さが正弦波を示します.すなわち正弦波の軌道で音の高さが上がったり下がったりするわけです.この正弦波の部分は先に示したように三角波やノコギリ波などの色々な波形を設定することができますし,かける部分も今回は音の高さにかけましたがほかの様々なものにかけることができます.これを利用して非常に多様な効果を得られるわけです(。-`ω-)

 

◇パラメータの説明

  • □1と□2のボタンでLFOのオンオフを切り替えられます
  • スピード(spd):波形を動かす速さを変更します
  • アマウント(amt):効果の大きさを変更します
  • テンポ(tempo):波形を動かす速さを曲のテンポと同期します(1小節につき1回の周期で振動してほしい時などに使用します)
  • 真中の赤い丸たち:LFOの効果をどこにかけるかを選択します

ではさらに真中のそれぞれにLFOをかけると何が変化するのか確認しておきましょう

  • osc2:オシレータ2の音の高さ
  • osc1,2:オシレータ1,2の音の高さ
  • filter:filterのカットオフ(frq)
  • amp:amplifierの出力
  • p/w:パルスワイズというオシレータ内にあるパラメータ
  • pan:音が右寄りか左寄りかを指定するパラメータ

 

エンベロープ

Envelopeは音がなった瞬間から設定された規則に従ってあるパラメータを変化させます.

 

一番良く使われるのはADSRタイプです.これの説明はあとに行うとして,Synth1ではAmplifier,Filterの中にADSRタイプのEnvelopeがあります.つまり,Amplifierの中にあるEnvelopeは音量がパラメータであ,これを変化させ,Filterの中にあるEnvelopeはFilterのかかり具合がパラメータでこれを変化させる,ということになります.

 

ひとまずここでADSRタイプのエンベロープについて説明を行います.

 

ADSRタイプのエンベロープはAttackDecaySustainReleaseの4つのパラメータで成り立つエンベロープです.ではそれ等が何を表すか音の鳴り方と一緒に順番に確認してみましょう.

 

上図において音の出だし(いうなれば鍵盤を押したとき)は時間0で,そのAttackで設定した時間後音量は最大になり,そのDecayで設定した時間Sustainで設定した音量まで音量が下がり,鍵盤が離された後はReleaseで設定した時間後音量が0になります.

 

※ここでSustainのみ音量を表していて,その他は時間を表すことに注意してください.

 

§3.シンセを用いた音作り

さらにさらに,実際に音作りをやってみましたよ(。-`ω-)

作った音は,シンセベース,シンセリード,シンセパッド,バスドラムです!

 

今回は基本の基本ということで使うパラメータは必要最低限に絞って説明しました(^^♪

 

(弄った部分は枠で囲った部分です)

 

シンセベース

Oscillators:①saw波 ②saw波 ③sin波

Amplifier:A…0, D…0, S…max ,R…適度

 

※ここでオシレーター,アンプの説明を行いました


シンセリード

Oscillators:①pulse波 ②なし ③なし

Amplifier:A…0, D…0, S…半分 ,R…半分

unison:num…4 det…適度

 

※ここでユニゾンの説明を行いました


シンセパッド

Oscillators:①saw波 ②saw波 ③sin波

Amplifier:A…0, D…max, S…0 ,R…適度

Filter:LP24

 

※ここでフィルターの説明を行いました


バスドラム

Oscillators:①sin波 ②なし ③tri波

Amplifier:A…0, D…0, S…適度 ,R…適度

LFO:図を参照

 

※ここでLFOの説明を行いました