2016/6/28

エフェクト講座

担当はこなつが行いました.

エフェクターにはどんな種類のものがあるのかというのをざっと確認しました.

 

歪み系

元の音色を大きく変化させ、迫力のある音色にするエフェクト。エレキギターによく使用される.

音色の変化が激しいディストーション,音色の変化を抑え音を太くしたり特徴づけたりするサチュレーション,意図的にビット数やサンプリング周波数を低下させ音質を劣化させるビットクラッシャー,ギターアンプのシュミレートをするアンプシュミレータなどがある.

モジュレーション系

元の音を加工して、揺らぎのある音にするエフェクト。

音を重ね合わせて、複数の楽器がなっているようにするコーラス、コーラスより加工を強くし、ジェットのような音にするフランジャー、音をずらして重ね合わせ干渉させてうねらせるフェイザーなどがある。

空間系

音に広がりを与えてくるエフェクト。

音を響かせるリバーブ。音をこだまのように変化させるディレイなどがある。


ダイナミクス系

音の音量変化のしかたを変化させるエフェクト。

音量の差を抑えるコンプレッサー、音量の差を広げるエキスパンダー、一定以下の音量に制限するリミッターなどがある。

フィルター系

特定の周波数帯域の音量を大きくしたり小さくしたりするエフェクト。

これをフィルターといい、フィルターをたくさん集めたイコライザーもある。

その他